何を言うか?どの順番で言うか? 11-3

あなたはこんな悩みはありませんか?

 

「どう書こうか?」

「どのスワイプに当てはめたらいいのか?」

「刺さる文章が書けない」

170719-1

 

そんな状況になっているということは

ほぼ“戦略が無い”ということが原因しています。

 

戦略なしに、戦術は意味なし!

 

大事なのは

「どう言うか?」ではなく

「何を言うか?」

そして「どの順番で言うか?」

 

 

何をセールスレターで言うのかは?

あなたがお客さんから得た情報に加えて

自分でリサーチした膨大な情報の中から

最も見込みのお客さんに刺さる

『ヘッドライン』

 

そこから全ては始まります。

ビッグアイデア(面白いコンセプト)はヘッドラインから生まれます。

(逆の場合もあります)

 

だらだらした文章を書かないためにも

「これをお客さんに伝えて、このような感情に訴えたい」

という戦略を持ちましょう。

 

少しマーケティングの知識が要りますが大丈夫です。

 

 

よくあるランディングページを

第三者的に眺めてみてください。

 

そのLPで一番言いたいことは何か?

他の類似商品との圧倒的な違いは何か?

なぜ、その商品でなければダメなのか?

 

何より、

「それは私のための商品なの?」

という問いに答えているか?

 

ほとんど、これらの要素は盛り込まれていないでしょう。

 

これらの事が戦略的に考えた末に書かれたLPなのか?

それが売れるLPの条件です!

 

高い反応があるLPには理由があります。

たまたま当たることはあっても

失敗作はたまたま失敗したわけじゃないんです。

そこには明らかな「原因」があるはずです。

 

書きすぎているのか?

書き足らない要素があるのか?

 

改めて、自分の文章を見直してみませんか?

 

さて、次回は

「絞り込みとターゲティング」

についてお話しますので、お楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)