統計・データの信憑性で信じる人 9-5

商品のコンセプトを伝える中で

社会情勢、市場の動向などの

“統計データ”でストーリーに信憑性を与えることができます。

1700531-2 

分かりやすい例を紹介しましょう。

 

“5年後に倒産する企業が8割

さらに5年で8割が倒産するという状況をご存知ですか?“

 

これは、

継続した収益が大事だ。

流行のビジネスを追うことの危険性を伝える場合に

よく使われます。

 

また“10年後に無くなる職業”という話

あなたも一度は聞いたことがあると思いますが

これも副業ビジネス、投資や

ネットワークビジネスの勧誘によく使われるネタです。

 

一生サラリーマンで食っていけますか?

いつ今の仕事を失ってしまうかもしれない。

 

そんな不安感情に訴える効果があります。

 

 

ところで、あなたは

男女の感性の違いを意識することはありますか?

 

男は理屈で行動する

女は感情で行動する

 

とも言われるように

データを求めるのは男性ということになりますね。

 

これはターゲットが変われば

“売るコンセプト”も変わってくるように

男性ターゲットではデータが効果的な場合が多いのです。

 

成分や効果が数値データとして証明されていれば安心…

◯人が〇〇万円稼げているなら自分もやってみよう…

リピート率99%?これはかなり安心できるな…

 

こんな感情を持ってもらうには

現実的な“根拠”のある数字が必要になってきます。

 

 

ついでに言っておきますが

統計データを使う場合には

行政や政府機関が取ったものがより信頼感が得られます。

引用元:〇〇としっかり記載することで

印象はガラッと変わりますよね?

 

“〇〇 統計 白書”と検索すれば

信頼性のあるデータが収集できますよ。

(〇〇は探しているキーワード)

 

 

いかがでしたか?

お送りしている情報は全て

セールスライティングに役立つものです。

 

質問などあれば個別にメッセージください。

info@posibble-words.com

 

 

それでは次回のテーマは

「写真と映像を使ってメッセージを強化する」です。

お楽しみに♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)