初めての仕事の取り方ってオンラインとオフラインで違うの? 13-2 

これ、独立起業しようと考えている方々が

本当に知りたい内容ではないでしょうか?

170930

正直に私の場合

どうしたのかを告白しますね。

 

私自身、オンラインで実績作りをしました。

具体的には

クラウドワークスやランサーズのような

オンライン外注サイトに登録して

最初は安い単価(5〜10万円)のLP案件などを

取ってきては、反応率や売り上げ額を聞いて

自分の実績にしてきました。

 

起業したての頃は

実績として何を言えるかが

ネックになってくるのではないでしょうか?

 

 

また、オフラインのリアルビジネスでも

もちろんアプローチは行いました。

 

異業種交流会やセミナーに参加しては

Facebookから友達申請して

メッセージのやり取りを通じて

ご縁が繋がりそうな方とは

1対1で面談して

今すぐではなくても、

ライティング案件があれば

お願いしてもらえるような人脈作りを

ずっとしてきました。

 

 

ここからは、一般的な

リアルビジネスでも仕事の取り方を紹介します。

 

一番結果が出やすく、受けやすいのは

「休眠顧客の掘り起こし」です。

 

店舗ビジネスのオーナーさんへ

一度来店したお客さんへ

再来店を促すハガキやレターのライティングを

報酬は無料で実費のみ頂いて請け負うというものです。

 

ここで成果を出せば

比較的大きな案件

例えば、セールスレターやチラシなどの仕事を

今度は有料で請け負うことができます。

 

すでに信頼関係ができているので

仕事は繋がりやすいと思います。

 

LPライティングや集客コンサル契約など

さらにステップを踏めば

安定的な仕事をさせていただける可能性は大きいでしょう。

 

このように起業したての頃は

低い報酬でも

まずは実績作りをすることから始めてみましょう。

 

さて、それでは次回は

「報酬の決め方と価値の上げ方」

についてお話しますので、お楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)