広告文章でバカにされる間違いとは?

あなたのコトバに魔法をひとふり♪

瞬間で感情を動かす!

瞬感コピーライターの加納です。

あなたは、こんな広告文章の間違いをしていませんか?

あるA社は、こだわりのラーメン屋を開店しようとしていました。
 
麺と出汁の美味しさをとにかく、伝えたい!
厳選した具材から出汁を苦労して取っているので味は他店に負けません!
うちは他にも色々なメニューがありますよ!
どんなお客様にもクセになる素晴らしいラーメンなんです!!
 
ターゲットの絞り込みが全くできていませんね。
 
そして、広く浅くメッセージを伝えているため、アピール力が弱い。

響かない・・・自分ごとではない。。。
 
お客様が購入する必要性を感じない結果となりました。
 
 

また、B社では新しいパソコンを販売しようとしていました。

ハードディスク容量、メモリ容量、消費電力、処理速度。。。
商品の仕様や特徴を伝えるだけの広告を作ってしまい、
 
お客様がそれを購入することによって、
 
どんな気分になれるのか?生活がどのように変わるのか?
 
という大切なイメージの提供が出来ず、商品の魅力を伝えることが出来ず、
 
売れ行きは低迷していました。
 
 

広告文章は興味を引いて、共感があり

購入後のイメージを思い浮かべて
 
感情に訴えかける必要があります。

人に話したくなる変わったネーミングやパッケージ

想像をはるかに超える美味しさ、地域の限定特産物を使っているなど

 

そんなコピーライティング・ネタを思う存分、アピールして
人からバカにされない

売れる広告文章を書きましょう(^^)!

bsANJ88_osyaburiakacyan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL