だらだら書いてしまうタイプの人へ 11-1

だらだら文章を書く

このタイプの人は

そもそも書く環境が整っていないのかも

170711

これは集中力の話ですが

 

どちらかというと

“だらだらした文章”の方で

お困りの方が多いんじゃないでしょうか?

 

☑とりとめもない文面になる

☑「今、何を書いているんだっけ?」と横道にそれる

☑テーマが変わってくる

 

これらは構成を決めていないうちに

いきなり書き始めることで起きる症状

 

 

“ストーリーボード”を作ってから書き始める

という記事「7-8文章構成をストーリーボード化しよう!」

http://ameblo.jp/t-kano-wakuwaku-55job/entry-12272862114.html

を復習しましょう。

 

 

一方で、

だらだら文章は“センテンスが長すぎる”ことが原因かもしれません。

 

センテンス=文

句点(。)で区切られた1つの文

 

・〜だから

・〜ので

・〜でも

などを多く使いすぎる。

 

又、これらの繰り返しで

どんどん1つの文が長くなっていく

 

こうなると

伝えたいことがぼやけてくるのが分かります。

又、言葉の比較、意味のつながりが混乱してきて

分かり辛い文になる。

 

例文1

文章とは相手の気持ちを察するべきであり、相手目線で書くべきではないが、現在の広告文章は販売者目線で描かれることが多い。

 

例文2

文章とは相手の気持ちを察するべきであり、相手目線で書くべきではない。

しかし現在の広告文章は販売者目線で描かれることが多い。

 

1つの文を分割したのが分かると思うが

どうでしょう?

読みやすくなったでしょう?

 

例文はまだシンプルな方だが

このようなことが

セールスレターの中でいくつもあると

“だらだら文章”となり

相手にとっては“読み辛い”と感じられてしまう。

 

 

あなたも

“だらだら”ライティングにならないよう

参考にされてみてください。

 

 

さて次回は、

「書くのに時間がかかってしまう人へ」

についてお話しますね。お楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)