コピーはすでに書かれている?? 1-4

「え?探したコピーをパクるってこと??」

  

いえいえ、正確に言うと

「ネタ」と「型」というものが

すでに存在しているということ。

1-4

あなたは意外に思うかもしれませんが

セールスライティングには想像力は必要としません

リサーチ(調査)力とアイデア力が

大きく結果を左右します。

 

だから文章力や才能はさほど必要とされず、

初心者でもスキルを身につけやすいと言えます。

 

ちなみに、

コピー=広告文章と理解してくださいね。

 

 

まずは「ネタ」

これは、

販売者とお客さんに直接聞くのが一番ですが

実際問題なかなか難しい場合が多いので

ネットを使ってリサーチをします。

 

ここで大事なのは

想像で書かないということ!

事実に基づかないことは

相手の心に響きません。共感もされません。

 

また後から詳しく解説しますが

リサーチをして一人のお客さんに絞って

ライティングすることで

メッセージのチカラが最強になるのです!

 

このリサーチには「書く」以上に時間をかけて

一番お客さんの感情を揺さぶる「切り口」を見つけ

ビッグアイデア(コンセプト)として

ストーリー化していきます。

 

 

さて、もう一つの「型」ですが

「イチから書くな!」と言われているのはなぜでしょう?

 

ブログやSNSのように

いきなり書き出してはいけないです。

 

セールスライティングには

過去に爆発的に売れた

「ライティングの型」というものがあり、

リサーチの結果、生み出されたビッグアイデアを

当てはめていくのです。

 

「なんだ、簡単じゃん!」

 

いえいえ、世の中そんなに甘くはありません。

型の選び方、使い方を間違えると、

全く反応がないどころか、そもそも読まれません。

 

そして、ただ型に当てはめただけでは

相手の身になった文章にはなりません。

 

セールスライティングは

「ネタ」と「型」の探し方が命取り!

 

そこの極秘テクニックをこれから

少しずつこの講座で紹介していきますので

楽しみにしていてくださいね♪

 

それでは次回は、

「B2Bビジネスでセールスライティングは使えないのか?」

についてお話します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)