本を売らない本屋??

本を売らないのに本屋ちゃうやろ?

たしかに。。。(笑)

ただ最近、テレビでも取り上げられている
有名な某ペットショップ

その名も・・・

「ペットを売らないペット屋さん」

私、久しぶりに。。。やられました(^_^;)

その切り口できたか~という感じです。

 
このお店は、昨年2015年から
ペット販売を中止し、里親を探す譲与事業を始めたのです。
 
では、何で利益を取っているのでしょうか?
 
事業責任者の方は、
「多くの犬や猫が殺処分されている中で、ペットを売ることを疑問に感じた」として、
フードやグッズの販売、トリミングなどで収益を出しています。
譲渡事業はもちろん無償です。
 
「里親探し」というのはもはや、
「ペット屋はペットを売る」という固定概念をひっくり返しています。
 
自分は〇〇屋さんと決めてしまえば、
その「在り方」で思考し、行動してしまうのです。
 
だから、ネーミングや肩書きはとても大切なんですね。
セルフイメージが強すぎると、自由に発想するアイデアも制限されてしまいます。
 
 
本を売らない本屋があってもいいじゃないですか。
 
はたして何を売るのでしょうか?(笑)
 
 
カフェ併設型の本屋はもう古い?
 
あなたも、ご自身のビジネスの切り口を変えてみませんか?
 

gatag-00007768

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)