セールスコピーライティングの基礎中の基礎?〜初心者が広告を書くとき・・・

セールスコピーライティングの基礎中の基礎?〜初心者が広告を書くとき・・・
 
おはようございます!
最近、メガネを掛けている時間の方が長くなった「瞬感コピーライター」の加納です!

 
 
最近、広告を書くコツは?
という質問をよく聞かれるようになりました。
 
e269da681c340282ff5bbd7a932f5413_m
 
もちろん、綺麗な芸術性のあるイメージコピーではなく
「お客さんを即、行動に促す」ためのセールス専用コピーライターとして
このように説明します。
 
 
1.まず誰に伝えたいのか?(ターゲティング)
 これが決まらないと、悩みや問題解決の手段としての提案ができなくなります。
 広く浅く、当たり障りのない文章には、メッセージのパワーがありません。
 「自分事」として、捉えられて
 共感され、感情を動かされる。
 さらに無意識に欲求に訴えかけるようなストーリーを書くことができれば成功です。
 
 『お客さんの葛藤を高めて、商品の必要性を主張できているか?』
  
2.言いたいことをストレートに伝えていないか?
 一般的な広告にありがちな、
 「店名」、「商品名」、「イベント名」がトップにデカデカと書いてあり、
 内容や特徴がぎっしり書かれている・・・
 そんな案内を、あなたなら読みますか?
 
 おそらく読まないと思います。
 それはなぜか?
 
 「売り込み感」が出てしまうからです。
 
 冒頭でお客さんの前に壁が立ちふさがる
 もうメッセージは伝わりません。
 
 特に、広く知られていない商品やサービスでは大切です。
 
 それよりも、上記1のような悩みや問題が
 商品を購入したりイベントに参加すれば
 解決するイメージ(頭に描く)ことができるような文章
 
  ・他店と違う言い方ができているか?(差別化
  ・それを買った人はどのようになれたのか?(お客さんの声
  ・誰がやっているのか?(店長、オーナーの顔やPR:安心感
 
 これらも広告に盛り込めば、なお良いですね。
 
 
 何を?
 
 どの順番で書くのか?
 
 これは、優秀な営業マンが
 いきなり面談で本題(売り込み)から入らないという
 トークのテクニックにも通じるものがありますね。
 
 
 これはマルシェ等の出店で
 POPの内容や声掛けの仕方でも考えるべきポイントです。
 
 
 あなたは
自分の商品を普段どのようにアピール、説明していますか?
 お客さんの視点でどのように感じるか?
 一度、見直してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)