セールスライターとは何者か? 1-2

1-2

前回はコピーライターというものについて話しましたが

 

セールスライティングの必要性って一体なんでしょう?

セールスライターの存在価値って、

どこにあるんでしょうか?

 

もひとつ理解しにくいですか?

 

 

今回は「セールスライティングとは何か?」

について話をしましょう。

 

①セールスライティングとは、誰に言うか?

であり、それがお客さんの“絞り込み”

 

②セールスライティングとは、何を言うか?

それは“戦略”と呼ばれる広告宣伝(プロモーション)の核となるものです。

 

戦略作りのためには、

情報収集が何より大事です。

もちろん事実に基づく情報が無いと

“説得力に欠ける文章”ができてしまいます。

 

そして商品・サービスの独自性をコンセプトにすることが大事。

これはマーケティングの話でよくある

差別化やUSPという言葉にあたります。

 

 

③セールスライティングとは、欲求を購買意欲に結びつけるもの。

 

これは“信念の連鎖”と呼ばれるように

お客さんの頭の中にある『欲求』がどう変化していけば

「買いたい」という欲求に至るのか?

階段を上がってもらうように、言葉で案内するのです。

 

今はまだ分かり辛いと思いますので

「へぇ〜、そういうものなんだ」くらいの理解でいいです。

 

 

④セールスライティングとは、綺麗でもオシャレなものでもない

どう行動してもらうかを設計して書くものなので

イメージを良くするだけの広告では無いということです。

 

⑤セールスライティングとは、「売る」ことを最優先に考えるもの

売上が上がってナンボの世界。

ライティング価値は売れるかどうか?次第です。

 

 

このようにセールスライティングとは、

クライアントの先にいる

お客様のメリットを表現するための最強の手段と言えます。

 

そして最後に…

セールスライティング出来る人は“マーケティングのプロ”である!

 

そう断言できます。

 

 

では次回は、

「セールスライティングのスキルを身につける手順は?」

についてお話しますので、お楽しみに♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)