セールスライティングのスキルを身につける手順は? 1-3

1-3

「セールスライティングなんて難しいでしょ?」

私も最初はそう思っていました。

 

セールスライティングのスキルは、

基本的な文章作成能力があれば、

そんなに難しくないんですよ。

 

私も基礎から学ぶことは多かったんですが

特別、頭が良いわけでも、

優秀なわけでもありませんでした。

 

意外かもしれませんが、

私はもともと理系の人間です。

 

小さい頃、夏休みの宿題の読書感想文なんて

大の苦手で、最終日までほったらかしにして

一気にやろうとしたら熱が出て、

始業式に学校休んだくらいに

文章を書くのが苦手な子供でした。

 

 

あなたも就職試験の時に

履歴書を書いたことがあるでしょう?

 

学生でも社会人でも

発表の場ってあると思うんです。

そういうシナリオも考えたことがあると思うんです。

 

 

『自分を売り込む場で何を言うか?』

 

 

だから、あなたは既に

セールスライターなんですよ(笑)

 

 

もしも、あなたが普段

記事やWEBコンテンツを書いている経験者だったら

私よりも有利なスタートを切れると思います。

 

だから安心してくださいね。

 

 

この辺でセールスライティングを書く手順を紹介します。

 

①広告を書く心構え

②何のために?誰のために?何を書くのか?を明確にする

③書く前準備をする(情報収集)

④コンセプト決定

⑤書く

⑥編集する

 

となります。

それぞれ濃い内容になりますが

ここでは紹介に留めておきますね。

 

 

ライティングのコツは私が教えますが、

広告には正解はありません。

 

そもそもテストしないと

広告の良し悪しという判断はつきません。

 

書いて書いて書きまくる!

 

経験を重ねるしか上達する方法はありません。

 

あとは、ライティングの勉強です。

これは終わりがありません。

 

セールスライティングの名著を読んで、実践する!

これの繰り返しです。

 

楽してセールスライターになることはできませんが

楽しいと思いますよ。この世界は…

 

第1回目の記事でも書きましたが

お金と時間の自由はどんなことをしても

手に入れるべきだと思うんです。

特にこれからの時代は武器がないと苦しいでしょう。

 

 

それでは次回は、

「セールスライティングを導入するとどうなるか?」

についてお話しますので、お楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)