不安が解消?証明を使いこなす! 9-9

あなたが書くセールスレターを

お客さんは常に疑いの視点で読みます。

170607

人は常に疑ってかかります。

 

セールスライティングでは、

相手の懐疑心(疑いの気持ち)は何だろうと考え

それを先に説明して、不安を解消してあげます。

 

例えば・・

整体院ではお店でどんな人から施術されるのか

わからないと不安という心理があります。

 

だから写真入りのレターで自己紹介なんかが載っていると

人となりも伝わり、安心感が湧きますよね。

 

また食品であれば

材料は国内製で無農薬のものを使っているか?

衛生管理が行き届いた工場で作られていると安心ですし、

ISOなどの認証証明なども信頼される材料になります。

 

またラーメン屋さんなんかだと

やたらと行列ができていると

人気店=美味しいから人が集まるという

自然な証明がされるわけで

店に入る前の

「美味しくなかったらどうしよう」という不安を消すわけです。

 

オンラインの場合はどうでしょう?

 

お客さんの声も不安を消す役割をしますよね?

 

「購入されたお客さんは皆、喜ばれています」

というメッセージをどこに入れるのか?

 

この辺の話は、文章構成の中で説明済みですが

いろんな証明を駆使して

お客さんに安心してもらえるよう

考え抜いてください。

 

それでは次回は

いよいよ第10章、自分の文章を校正する技術

「間違っていると仮定して自分の文章を見直す!」

についてお話しますので、お楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)