大事なリサーチ3〜ライバルはどう売ってるの? 7-6

お客さんにこんなことをよく聞きます。

「ライバル会社はどういう売り方をしているんですか?」

170506

すると

「さあ、どうでしょうね?」

 

「え?」

耳を疑ってしまいました。

 

ライバルの調査もせずに

どう差別化するんだろうと。。。

 

そもそも“差別化”という意識がないのかもしれません。

 

お客さんの心理はこうです。

「どこのお店も見た目変わらないなら

 安いところから買おう」

 

そうです。

オリジナリティが無ければ、

価格で比較されてしまうんです。

 

また業界に慣れていなければ

他社がどういう売り方をしているか?

ホームページの作り方、

ブログやSNSと連動しているか?

“店のウリ”として何をアピールしているか?

 

最後のは大事ですよ!

“店のウリ”

これをはっきりと目立たせないと

この先、生き残っていけません。

 

 

“店のウリ”をどうアピールするか?

 

これを考えるために

『ライバルの事を調べてください』

と言っているのです。

 

 

わかりやすいリアル店舗の話をしましたが

いかがでしょうか?

 

では、

セールスライティングの場合はどうでしょうか?

ライバルと違いを見せるために何を書くか?

このためには

他社の特徴やメリット、デメリットをつかむことが必要です。

 

“お客さんの声”を見てみるのが手っ取り早いですね。

そこの“強み”が書かれているのですから。

 

 

最後に大事なことですが

パクってはいけません。

特に同じ業界であれば

ライバルは常に敵のやり方を監視しています。

盗用問題になりますので

 

アイデアを参考にするのです。

なぜライバル会社は、

こんなアピールをするんだろうか?と考えてください。

 

広告の背景を自分に置き換える。

 

 

お客さんの悩みや問題の解決として

どう提案しているか?

ユニークな切り口を理解してください。

 

以上、3回にわたって

セールスライティングをする前にする

“リサーチ”についてお伝えしましたが

じっくり時間をかけるところなので

頑張っていきましょう。

 

 

それでは次回は、

「人に教えたくないリサーチの秘訣」

についてお話しますので、お楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)