誰もが目にしたことがあるこれがブレット! 9-1

今日からいよいよ第9章!

『ボディコピーからオファーへの流れ』についてです。

170524

あなたは今こんなことに悩んでいませんか?

✅ チラシ文章のライティング経験はあるのでLPの独自ノウハウが欲しい

✅ 頭でセールスレターの書き方は分かっているが、

 いざ書くとなると手が止まってしまう。

✅ 基礎は勉強していたので、実践的なライティングが学びたい。

✅ 仕事の取り方がわからない

✅ リサーチが苦手で、お客さん目線になりきれない。

 

↑これがブレットです。

もともとブレットとは弾痕のこと

銃で撃った弾が当たった後(*)のような記号をよく使われたことから、そう呼ばれています。

 

ちなみに「ブレッド」ではありません。

「パン」になっちゃいますので、ご注意を(笑)

 

 

ヘッドラインからボディコピーへ移り

いかにお客さんの問題解決に商品メリットが役立つか?

購買心理を揺さぶって、欲しくてたまらなくするブロックです。

 

見本のように、お客さんの悩みを浮き彫りにしたり

ベネフィットを箇条書きにすることで

これでもかと魅力をアピールする役割があります。

 

 

ここで一つコツをお伝えしますね。

ブレットは見た目も大事です。

文章の塊に見えるので読み飛ばされやすい部分になりますので

・長い文、短い文と交互になるように

・「〜とは?」「〜とは?」のように同じパターンが続かないように

 

箇条書きというのは興味を持った人にとって

文章で書くよりも伝えやすいというメリットがあるので

特に強調したいワードを赤字にしたり工夫することで

要点だけを伝えることもできますね!

流し読みされても重要キーワードが伝わればいいわけです。

 

 

さらにブレットは、

購買意欲を掻き立てるために

ベネフィット(商品メリット)を魅力的に並べることもあります。

 

 

ぜひあなたもブレットを上手く使いこなしてください。

 

それでは今日もこの辺で。

次回は、

「信じてもらうために階段を作る?〜ゴールから逆算する」

についてお話しますので、お楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)