【改行と行間の法則】語りかける文章のニュアンスをどう表現すべきなのか?

84887_s

久しぶりのブログです。

あなたは語りかけるように相手に伝えたい大事な話がある時…。

それを文章でどうしたら、うまく伝わるのか?

文章のニュアンスをどう表現すべきなのか?

そんな悩みを持ったことはありませんか?

今回、お伝えしたいのは
行間で語る』というテーマです。

「間」を作ることによって

文章の流れに緊張感や抑揚、強調、話の展開などを表現することができるのです。

 

なお、この記事でお伝えする内容は
正しい日本語の文法などとは異なる点があります。

ブログやSNS、メルマガ、ホームページや広告関連で使えるテクニックとご理解ください。

1、改行の位置によって、ニュアンスが変わる

改行の大きな目的の一つに「読みやすくなる」ということが挙げられます。

文章が2、3行続けば読み手にとって、圧迫感が出るため
基本、句点「。」がきたら改行した方が読みやすいです。

極点にいうと、論文や新聞や雑誌の記事のように
改行が全くない文章を、ブログでたまに見かけますが

私はとても読みづらいです。
あなたも読む気が失せるようなことはありませんか?

ですので、一文が終われば基本改行してあげるのが
読み手にとっても優しい文章なのです。

また、もう一つの目的として、
改行には文調やニュアンスを変える効果もあります。

例えば、
①今日、1日はかなり忙しかったけれど、大変充実した1日でもあった。

これに対して、

②今日、1日は
 かなり忙しかったけれど、

 大変充実した
 1日でもあった。

と書くと、②の方が、
感情を込めながら語りかけているような雰囲気が出ませんか?

ちなみに、メルマガなどで上の例のような
改行の多すぎる文章を読んだことがないでしょうか?

これも読みやすさ以外に、
「感情を込めながら、あなた一人に語りかけている」という効果があるのです。

 

2、行間で想いを込める

あなたが行間をとる時って、どんな時ですか?

もしかしたら、記事の章が変わる時、見出しが変わる時…。
のような時にしか、行間をとらないかもしれませんね。

行のスペース部分=空間には意味があります。

意味を込めることができます。

通常の使い方は、
文章の流れがどの程度、変わるのか?を意味します。

上記のように
話の流れが変わる時ですね。

でも、行間をとるもう一つの意味を少し深掘りしていきましょう。

1行空けと2行空けの違い…。

1呼吸おくか、2呼吸おくか…。

重要な言葉、しっかり腑に落としたいような文章は
わざと上下の行を多めに空けたりして強調します。

問いかける時とかにも効果的ですね。

例えば、
①このように彼は考えていました。
 でもあなたは、どう思いますか?
 1週間程度の考える時間をとりましょう。

と、

②このように彼は考えていました。
 
 でもあなたは、
 どう思いますか?
 
 
 1週間程度の考える時間をとりましょう。

いかがでしょうか?
②のように改行をとって『間』を作ることで
本当に対面で、問いかけているような感じがしませんか?

「緊張感や抑揚」などを行間でコントロールすることで
あなたの思いや、
相手のことを考えている『感情』を文章に乗せることができ
るわけです。

「行間で語る」というイメージでしょうか。

 

3、まとめ

改行と行間について解説しましたが、いかがだったでしょうか?

読み手の呼吸や読むリズムは、
すなわち、伝えるリズムです。

メールやインターネット上の活字だけの文章で
いかに思いを伝えるのか?
とても難しいと思いますが…。

このように『改行と行間の法則』を使うことによって
あなたの想いが伝わりやすくなります。

メルマガやプロフィール文章で共感を得たい時などに
語りかける文章で伝えましょう。

つまり隣にいる人に熱を込めて、

ささやきかけているイメージで…。

「え〜、なかなか上手く書けない」
と悩んでしまう場合は、
自分で書いた文章を声に出して読み上げてみてください。

すると文章のニュアンスがよく分かると思います。

間の取り方も、あなたが親しい人に
話しかけている風景を想像してみてください。

親しみやすい文章は
相手の立場で考えられた文章。

読みやすく。

間をとらせてくれると…心に訴えかけてきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)