宗教臭くて、胡散臭い?

今日は趣向を変えて。。。
【宗教くさい】と【胡散臭い】を考察します。
 
 
私は最近、成功法則や行動心理を活用して
マーケティングしていますが、
「潜在意識」、「言霊」、「アファメーション」
という言葉にも怪しいと感じる人がいるのかもしれません。。。
 
 
ふと、こんなことを考えてみたんです。
 
宗教くさいとは、どのような心理なのでしょうか?
 不思議とモヤモヤ浮かんでくる嫌悪感・・・
 
人と話をしていても、「何か勧誘されている」という空気感、雰囲気とは一体何でしょうか?
 
「押し付け」という簡単なことではなく。。。
 
言葉遣い(実践、真理などの専門用語)によって、
洗脳(繰り返し頭に叩きつけられたかのごとく)されているかのような・・・
 
 
「信じない者は、幸せになれない」というような
「これが全て、いかなるものよりも優れている」というような
 
 
客観性がなく、極端に主観的
 
 
他の意見に耳を傾けない。
=言葉遣いで「言い切っているかどうか?」
⇨一番良い。絶対買うべき、やるべき、参加すべき・・・
 
 
勧誘者というものには、心の余裕がなく、必死さが出てしまいます。
 
あなたのためだと言いながらも、
裏の魂胆があるときに人は嫌悪感を憶えるのかもしれません。
言い換えると、「話がうますぎる」という心理
 
また、他の可能性、考え方に耳を傾けているかどうかもポイントです。
 
デメリットが全くない(完全な)ものに。。。人は「何かおかしい」と思うのかもしれません。
 
 
勧誘者がよく使う言葉というのは、あなたも直感的にピンとくるでしょう?
 
 
 
一方、胡散臭いとは、何なのか?
人によっては、「心理学」を胡散臭いと思う人がいるみたいです。
 
 
おそらく催眠療法や心理誘導、極端に言えば「洗脳される」という恐怖感
 
先ほどの宗教的というイメージのあるマインドコントロール
詐欺師や嘘つきが良く使う手段。。。
 
 
形がなく、信じがたい「未知なるもの」
 
 
詐欺師や押し売りは、なぜ人の心をコントロールするような手段を使うのでしょうか?
 
扱う商品・サービスに価値が無いから、普通に売っても売れないからです。
 
ある意味、マーケティングに長けていると言えるかもしれません。
 
 
 
逆に、真っ当な商品・サービスを販売する人は
「良いものを売っているから売れるはず」という気持ちがあるので、
マーケティング(人の心理=買い手の感情)を良く考えない傾向にあります。
 
 
 
いかがだったでしょうか?
 
あなたはどう思いますか?
 
 
世の中には「売りにくいものを売っている」方がたくさんいます。
 
私の「セールス・コピーライティング」や「セルフ・コンダクター」もそれに近いかもしれません。
 
商売のヒントにしていただければ幸いです(^^)
 
こんな記事の後になんなんですが。。。
 
6/23のセルフ・コンダクター養成講座のご案内です。
「行動」を妨げている自分の心理面に触れることができます。
http://lp.posibble-words.com/wordpress/selfconductor-lp/
tfdrsedf_TP_V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)